Home戦国武将達の経営運勢現代企業・社長と社名の鑑定例虹のたより総合料金表Sitemap

◇「社名 社長占い」



はじめての方へ

「社名 社長占い」はじまり物語

総合料金表

社名・ネーミングの方法と特徴

社名・店名・社長名などの改名相談

オーダーメードの社名鑑定申込





社名候補のチェック鑑定申込

現代企業の運勢 鑑定例

戦国武将達の運勢

虹のたより(毎月発行のニュースレター)

ネーミングから見た経営戦略 newページ

日本国の運勢 2018年戌年

「社名・社長名」判断


社長名・リーダー名


●名俳優になるにはちゃんと理由があった・・・
---------------------------------------------------------------
「せごどん」西郷どんです。今NHKでたぶん大人気だと思います。
明治維新150年目にして、その明治維新の立役者であると同時に悲劇的最後を遂げた西郷隆盛に焦点を合わせた大河ドラマです。
こんなこと言わなくても、誰もが知ってることですからなのですが、あえて西郷隆盛がどんな人だったのかを、知らない人のために説明をさせて下さい。

●西郷隆盛で誤解されやすいのが征韓論

実は征韓論ではなくて、西郷が説いたのは遣韓論でありました。
この当時の政治状況を理解して、西郷の主張を理解しないと間違った西郷像になってしまいます。

簡単に言えば、できたてほやほやの明治新政府はもっと外国を知らねばと、岩倉や大久保が諸外国を見て回っていました。
そこに朝鮮半島の問題が出てきました。李氏朝鮮は鎖国攘夷を唱えていたのですが、ロシアが南下してきたのです。もし、朝鮮がロシアの手に落ちれば日本はロシアと国境を接しなければなりません。プライドが高く、国際情勢に疎い大院君は、日本の国書を無礼だといって受け取りません。

そこで板垣退助が朝鮮に軍を派遣すべきと征韓論を主張します。西郷はいや、まず朝鮮に礼を尽くして話しに行こうと言うことです。それを自分がやると主張します。西郷は命を捨てる覚悟でいたようです。
こういうところに岩倉などが帰ってきて、岩倉が中心になって天皇の裁可を仰ぎまして、西郷の遣韓論は却下されます。
それで、西郷らの留守居組は一斉に下野します。
西郷は薩摩に帰り、士族の教育をと考え私学校を設立します。
動機と結果は必ずしも一致しないということです。

●西南戦争(最後の内戦)は何故起こったか?

簡単に言えば、不平士族の乱です。いったいどんな不平があって戦争まで起こしたのか?
これも簡単に言えば、士族への給料を出さないことにしたということです。当時の状況は、わずか5%の士族に国家予算の40%をさいていました。
それで、士族は経済的に困窮することになりました。
次に士族の特権であった名字帯刀の権利を政府は奪いました。帯刀が禁止され、名字は国民が皆名乗るようになりました。これで、士族の精神的な支柱は崩れました。精神のよりどころをなくし、経済的に困窮した士族達は、何とか士族の生きる道を見つけるために私学校で士族を教育していたカリスマ西郷を担ぎ上げたのです。この西南戦争も偶発的な様々な事件が重なって爆発しました。
西郷が積極的に起こしたものではありませんし、西郷は政府と争うことは反対であったということです。

■ここで西郷像というものがちょっとは理解できたのかな?と思うので、こういう難しい「せごどん」西郷どんを演じることになった「鈴木亮平」 さんはどんな俳優さんなのかということがとても興味が湧いてきました。

■鈴木亮平さんについて(wikipediaから抜粋してみよう)
---------------------------------------------------------------

鈴木 亮平
(すずき りょうへい、1983年3月29日?- )は、日本の俳優。兵庫県西宮市出身。ホリプロ所属。身長186cm。 


兵庫県立芦屋南高等学校(現・兵庫県立国際高等学校)を経て、2002年4月に東京外国語大学外国語学部に入学。大学では演劇サークルに入り、最初の公演時に観客に褒めてもらったり感動して泣いてもらった経験などから役者の仕事を一生の仕事にしようと決意。

3年時に自分は「このままで本当に役者になれるのか?」と疑問を抱くように。このままではプロになれないと思い、芸能事務所・制作会社に履歴書を持って回ったが50社以上に断られる。キャスティング会社も回り始め、背が高いからということでモデル事務所を紹介してもらえることになった。


2006年、演技学校アクターズクリニック[5]に所属し、塩屋俊の下で演技を学んだ[6][7]。同年5月には、東レとデサント共同開発の男性用水着をPRする初代のキャンペーンボーイに選出される。
2007年12月公開の『椿三十郎』で映画デビュー。


英語が堪能で、英検一級を取得しており、アメリカへの留学経験もある。また、高校生時代には、全国高校生ドイツ語スピーチコンテストで優勝した経験ももつ
世界遺産検定1級の合格者でもある。
趣味はボクシングで、鍛え抜かれた肉体美を度々披露している。
トランプマジックが得意(NHK椿三十郎スペシャル)。いつでもマジックができるよう、常にトランプを持ち歩いているとも。
演じる役柄に応じて肉体改造を行っている。


鈴木はモデルと俳優の違いについて「モデルを経験したことで、オーディションに落ちることに慣れました。モデルって、ほぼ外見しか見られないんです。行って4秒で落とされることもある。でも、役者の場合、芝居をやらせてくれる。ということは、芝居がうまくなれば通るということ。努力する方向が見えるんです。それがよかった」と語っている。
鈴木は役者としての原点は阪神・淡路大震災にあると語る。「あの時に経験したことが、今の仕事に生きている」と心境を述べており、震災後の神戸を描いた『ふたたび swing me again』に出演するなどし、「震災を経験した人にしか演じられないものがある。天災や悲劇に対して俳優として何かを伝えたいというものがある」と語っている。

とこれらが鈴木亮平さんのwikipediaの抜粋データである。
ここから鈴木亮平さんの運命式を分析してみて、どんな役者さんなのかを解剖してみようと思う。

●<鈴木亮平さんの運命式> 

22 17 26
18 31 13
27 14 18

<鈴木亮平さんの流運>

2121 1014 1212 1014
2226 1515 1317 1515

★役者としての鈴木亮平さんのポイントは、本性31にある

<本性31の持つ意味>
この本性というのは、自分の基本的な立場を立ち位置など全般的なことに影響を与えるのであるが、ここに31を持つというのは、自然体で自分の目的性を指向しているということである。自分がどこに向かおうとしているのかを常にチェックできると言うのは、決して自分を見失わないということでもある。
自分がどうなりたいのか?何をしようとしているのか?どこまで行くのか?それらを明確にすることこそ、役者としての道筋が見えてくることにある。

彼は役者を目指した動機をこんな風に表現している。

兵庫県立芦屋南高等学校(現・兵庫県立国際高等学校)を経て、2002年4月に東京外国語大学外国語学部に入学。大学では演劇サークルに入り、最初の公演時に観客に褒めてもらったり感動して泣いてもらった経験などから役者の仕事を一生の仕事にしようと決意。
この動機が目的になっている。
本性31の難しさは、この人生の目的を明確にできる人と双でない人でその後の生き方や成功が別れてしまうことなのである。
たといすぐれた運命式であっても、この目的を絞れなければ、人生において成功はないといえる。
そこは鈴木亮平さんは早くから目的を絞り込んだことが凄いことなのである。

★役者としての鈴木亮平さんのポイントは、もう一つ心霊運27にある

<心霊運27の意味>
本性31がメインディッシュであれば、心霊運27はデザートである。
デザートが美味しくないとメインディッシュの美味しさも損なわれてしまうことになる。
この本性31の引き立て役で全ての評価を決定づけるのが心霊運27ということになる。
それでは、この心霊運27にはどんな意味があるのだろうか?

簡単に言えば心霊運27は信念の固まりであるということである。もっとわかりやすく言えば、あきらめなくてしつこい。

自分を曲げない。自分の価値判断に自信がある。結果にこだわり、形が見えて評価されるまであきらめないということ。

この心霊運27があるからこそ、本性31がクローズアップされることになる。

★これだけでは役者としてはまだまだ。周辺の脇役が凄い。

<人気運22が凄い引きって役>

この人気運に22があると、どんなこことになるかというと、歴史上の人物で言えば木下藤吉郎 羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)などに見られるように、特別な外交能力とどんな人の中にも入り込んでいく不思議な魅力を持っているといえる。
こういうすぐれた脇役がいるからこそ、更に心霊運27と本性31が光ってくることになる。

<仕事運26は何をしている?>

実は脇役としてはあまり目立たないのだけれど、仕事運26は重要な役割を持っているといえる。
それは、考えるとか思いやりという地味なんだけれども相手にとって鈴木さんっていい人というイメージを決定づける要素を持っていると言うことである。
仕事の中では、常に相手のことを考えてあげられるし、思いやりもあり、仕事上の進め方にも常に自分の思考を張り巡らせていると言うことである。
これが、俳優鈴木亮平の奥ゆかしさを作っているといえる。

★流運というのは、文字通り運勢の流れを見ている。今が一番いい時。

<鈴木亮平さんの流運>

2121 1014 1212 1014
2226 1515 1317 1515

35歳の鈴木亮平さんは今は挑戦者であり、アイデアマンでもある。
だから、怖いものなしで進んでいける。
この時に果敢に挑戦しなければ、折角の運勢を失ってしまうことになる。
そういう意味では、せごどん(西郷どん)に挑戦したのは最高にいいことになる。

これが財産になっていくんだろうと思う。
何故かって?
先にも書いたとおり、西郷隆盛っているのは歴史的な大人物ですが、それだけに複雑な内面を持ち、様々な顔を持ち合わせて、様々な評価を受けている人物です。それを壊さないで尚かつその評価を上げるというのは、よほどの覚悟と体当たり的な演技が要求されるからです。

だから鈴木亮平さんしかこの役所は難しいのではないかと思います。
このように運命式は物語っています。

●まとめ

まとめてみると、今のせごどん(西郷どん)の役を乗り切れるのは、運命式的には鈴木亮平さんしかないだろうと思われます。
本性31、心霊運27、人気運22、仕事運26という本性を取り巻く様々な運勢のハーモニーが良い相対的な関係を築き上げ鈴木亮平という役者を作り上げています。

だから、これからも鈴木亮平という役者には目が離せませんね!

top

赤ちゃんの命名 姓名判断  
暗号通貨・省エネコストダウンはサティソフト


社名・店名・社長net お申込 社名・店名・社長net 料金表
社名・社長名の改名相談













Copyright (C) 2007 www.syamei.net All Rights Reserved.